本文へスキップ


熊本県町村議会議長会は

熊本県内31町村の議長で
組織されている団体です



活動報告

 

平成29年10月4日(水) 熊本県町村議会議員研修会



研修会に出席した県内町村議員ら=10月4日、美里町


挨拶をする寺本修一会長(芦北町議長)



 平成29年度熊本県町村議会議員研修会を、10月4日、美里町文化交流センターひびきにおいて開催し、県内の町村議会の議員、事務局職員等約400人にご出席いただきました。

 研修では、まず田上更生副会長(高森町議会議長)の開会のことばに始まり、寺本修一会長(芦北町議会議長)が主催者挨拶を行い、引き続き、ご来賓としてご臨席をいただいた池田敬之熊本県総務部長にご挨拶をいただきました。
 
 講師紹介の後、前半の研修に入り、熊本県立大学理事長の五百旗頭真先生に、「熊本地震からの復旧・復興に向けた課題」というテーマでご講演をいただきました。

 五百旗頭先生には、地震が起きるメカニズムや過去の大地震の歴史、また、阪神淡路大震災に遭われたご自身の体験を踏まえ、今後の熊本の復旧・復興に向けた課題解決にどう向き合えばよいか、大変貴重なご提言をいただきました。

 後半の研修では、熊本県知事公室危機管理防災課の有浦隆危機管理防災企画監に「町村防災とは?−熊本地震の教訓とともに−」というテーマでご講演をいただきました。

 有浦企画監には、自衛官としてこれまで様々な災害対応に当たられたご経験や熊本地震発生の際に県の指揮官として対応されたご経験をもとに、熊本地震への対応における教訓を踏まえた防災体制のあるべき姿について、具体的にお話をいただきました。

 昨年の熊本地震の発生をはじめ、阿蘇山の噴火や集中豪雨による大規模な土砂災害の発生など、県内でも過去の想定を上回る災害が多発している中で、改めて防災の重要性について認識した研修となりました。

 最後に、中川政司副会長(美里町議会議長)が閉会のことばを述べ、盛会の内に研修会を終えました。

バナースペース

熊本県町村議会議長会

〒862-0911
熊本市東区健軍2-4-10
熊本県市町村自治会館本館6階

TEL 096-365-0400
FAX 096-365-1115
mail gichokai@trust.ocn.ne.jp